みかんの花咲く丘(埼玉県深谷市浅間神社(別名智形神社)&静岡県伊東亀石峠の歌碑

作曲海沼実、作詞者加藤省吾さんが両親の里に疎開(深谷市)時故郷の伊豆を思い浮かべて作曲。伊豆亀石峠(富士市は加藤氏の出身地)と松代(作曲者の故郷)にも歌碑がある
加藤省吾顕彰碑文の内容
 童謡「みかんの花咲く丘」は,およそ日本人であるなら, 誰一人として知らぬ者はいない不朽の名作として多くの子供 達に歌われ,親しまれ,子供達の豊かな情操を育む上で,多 大の影響力を及ぼしてまいりました。
 そして,この歌の作詞をされたのが加藤省吾先生でござい ます。先生は,昭和二十年五月,御両親の住んでおられた, 当時の深谷町本住町に疎開されましたが,「みかんの花咲く 丘」は,この後間もなく作詞されました。つまり,この名作 は,深谷の地で,先生が故郷静岡に思いをはせながら, 誕生したのでございます。
 戦後の困窮と混乱の時代に,「リンゴの歌」とともに,人 々に希望と感動を与え,多くの日本人の心の琴線に,深く訴 えたという意味では,この歌は,日本人の心の美しい側面を 見事に歌い上げているのでございます。
 私も,この歌の,美しく,優しく,そして哀調を帯びた 歌詞の一節一節を耳にするとき,深く感動せずにはおられま せん。先生は,このほかにも,「かわいい魚屋さん」を始め 「笛吹童子」,「怪傑ハリマオ」,「おらあ三太だ」等 当時の人気ドラマの主題歌も作詞され,しかも,深谷小学校 の校歌までも作詞されておられます。
 当年七十七歳の先生は今も日本大衆音楽協会理事長の要職 に就いておられ,また,平成元年の春の叙勲におきましては 長年にわたる作詞家としての功績により,勲四等瑞宝章を受 章されました。
 先生の深谷での足跡を,ここに記録し,顕彰し,後世にそ の生涯の一節を伝えるとともに,偉大な作詞家の歴史を語り 継ぎ,本市の芸術・文化振興の一助とするため,市民有志の 熱き情熱により,この歌碑は,建立の運びとなった次第でご ざいます。  平成四年四月吉日           深谷市長 福嶋健助 撰文謹書 
e0221892_13513105.jpg
e0221892_13522196.jpg
 
e0221892_12463472.jpg

伊東亀石峠の歌碑

e0221892_13415115.jpg
e0221892_13423567.jpg

名作みかんの花咲く丘 は終戦直後の昭和21824日に作詩家加藤省吾氏によって作詩され作曲家海沼実氏によって作曲されました。そして最初の放送は翌日の夜NHKのスタジオと伊東西国民学校〔現伊東市立西小学校〕とを結ぶ日本で初めてのラジオ二元放送〔空の劇場〕でした。当時人気の絶頂にあった川田正子さんが伊東から放送するために作られたもので、作詩された日の午後伊東に向かう貴社の中で作曲されました。

 加藤省吾氏は静岡県富士市の生まれで叙情的な作品を得意とします。海沼実氏はながの県松代の生まれで数々の名曲をうみました。

 みかんの花咲く丘は一幅の絵画を思わせる叙情と明るくリズミカルな曲調とがマッチして新風を巻きお越し 敗戦に打ちひしがれていた国民に受け入れられて燎原の火の如く一世を風靡し暗い世相に人々の心に明るい灯火をともしました 以来絶えることなく現在も広く国民の間に愛唱されています

 昭和5811月吉日 伊東市市長 芹沢昭三

e0221892_13582901.jpg



[PR]
by kksmusic | 2014-03-24 12:46 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kksmusika.exblog.jp/tb/21817334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 14.4月 歌声サロン〔大倉山... 14.3月 歌声サロン(伊勢佐... >>