カテゴリ:⑩名曲歌碑めぐり紹介( 14 )

北上夜曲〔名曲歌碑めぐり)

作詞:菊地規、作曲:安藤睦夫 昭和49年に建立され、昭和57年に現在の場所(展勝地レストハウス南側)へ移転 この地はさくらの名所でもある
昭和36年に雑誌『サンデー毎日』に作者不明の愛唱歌として紹介されたことをきっかけに、作曲者の安藤睦夫氏が原作の名乗りをあげ、ビクター、キング、東芝など6社からレコード発売、日活など3社による映画競作など一大センセーションを巻き起した。
水沢農学校に通う菊池規氏と八戸中学校の生徒だった安藤睦夫氏が水沢(現 奥州市)で偶然出会って意気投合、昭和16年2月に菊池少年の「北上川のささやき-今はなき可憐な乙女に捧げるうた」と題した歌詞に安藤少年が曲をつけて名曲「北上夜曲」が誕生した。
2011年まで北上夜曲歌唱コンクール全国大会が開催され、この曲を愛するファンが全国各地から集まり、ソロ、コーラスの2部門で歌唱力を競い合った。
メロディーボックスがあり北上夜曲が流れる










[PR]
by kksmusic | 2015-08-11 20:25 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

湖畔の宿(名曲歌碑めぐり)

作詞:佐藤惣之助、作曲:服部良一、唄:高峰三枝子

 山の淋しい湖とはどこなのだろうか。榛名湖の湖畔亭を尋ねおかみさんに尋ねると次のような話があった。高峰三枝子さんが24年前(当時68歳、おかみさんは24歳)に訪れ歌の湖畔はこの榛名湖だったという。てっきり芦ノ湖だと思っていたが初めて知りたずねてきたと。とても綺麗な方でみなで記念写真や懇談をした。色紙などもいただいた。このことが話題となり県が現在の湖畔亭の前に記念公園(自分の土地)をつくり記念碑を建てたいと話があった。散々悩んだがご主人がいろんなことをかんがみお断りし少し離れたところに記念公園を建立しという。ブログ掲載を快く承諾していただいた


e0221892_08512462.jpg

e0221892_08513474.jpg

e0221892_08514613.jpg

平成元年1月28日夕刊フジより

「もう何千回と歌ってきた曲ですが、いまでも、二番と三番の間にはいるセリフのところに来ると 胸がジーンとなって涙があふれそうになるんです。」(高峰さん)

 「湖畔の宿」は、その感傷的な詩とメロディーゆえに、戦時体制下にふさわしくないレコードとして、 いったん発売中止になったが、前線の兵隊たちのあいだで愛唱されてヒット。ビルマのバー・モー長官が、 来日したおり、時の総理、東条英機に、この歌をジカに聴きたい、と所望した話は有名だが、前線慰問の さいも兵士たちのリクエストが最も多かったのが、「湖畔の宿」だった。なかに特攻隊として出撃する 直前の若者もいて、直立不動で手を握りしめて聴いていた彼らの姿が、<この静けさ この寂しさを抱きしめて 私はひとり 旅を行く だれもうらまず みんな昨日の夢と あきらめて・・・>のセリフにかぶって 胸をしめつけるのだという。
 このセリフ、作詞の佐藤惣之助が、女優・高峰の魅力を生かすべく、とくにつけ加えられたものというが、 西条八十のいうように大衆の心をとらえて離さない、心憎いほどの名文句、名調子ではある。

 <山の淋しい湖に>の出だしもいいが、佐藤が”一人行った”のは、どこの湖だったのか。

 これまで、長野県・諏訪湖、静岡県・浜名湖、山梨県・山中湖など諸説があり、高峰さんは勝手に 好きな芦ノ湖を想定して歌ってきたそうだが、昨年2月、佐藤自身が亡くなる直前に書いた手紙がみつかり、 群馬県の榛名湖であることが明らかになった。

 手紙は、当時(昭和17年)榛名湖畔の旅館「湖畔亭」で働いていた、お気に入りの仲居さんにあてたもので、 そこには「『湖畔の宿』は榛名湖のことではあるが、あの中のことは全く夢だよ。ああいう人もあるだろうと おもったので書いたもの。宿は湖畔亭にしておこう」とはっきり記されている。

 佐藤は釣りが好きで、全国を歩いているが、榛名湖は先妻を亡くしたあと一緒になった萩原朔太郎の妹、 愛子さんの実家が前橋だった関係でよく遊びにいっており、湖畔亭は常宿だったらしい。

 「湖畔の宿」のモデルが榛名湖に確定したことで、地元群馬県では、「歌碑公園やモニュメント、 野営音楽ステージなどの施設をつくり観光にも役立てたい」と榛名町を中心に実行委員会を設置。今年の10月 完成をメドに新年から具体的準備にはいっている。「除幕式には服部先生ともども招待されているんです。 私は女優で、歌は余技、という姿勢でやってきましたが、最近は歌があってほんとによかった、と思っています。」
 この作詞者の手紙で榛名湖と証明された。またおかみさんの高峰三枝子さんとの実話も貴重である 
e0221892_08530362.jpg

e0221892_08540551.jpg

e0221892_08541921.jpg



[PR]
by kksmusic | 2015-07-02 08:54 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

みかん花咲く丘(名曲歌碑めぐり)

作詞加藤省吾作曲海沼実
この歌は昭和21年8月25日NHKラジオが空の劇場と題し川田正子が歌った。歌碑には次のように刻まれている詩は前日につくりました。海沼さんは電車の中で作曲し、ホテルのピアノで夜を徹し川田正子を特訓しました。一行が宿泊したホテルがこの聚楽で、当時このあたりはみかん畑が多くここから見た情景を歌ったものです。平成4年6月吉日加藤省吾)作詞者加藤省吾氏は富士市の生まれだが埼玉県の深谷に疎開していたときに作詞した関係で深谷の富士浅間神社に歌碑がある。また作曲者は松代出身につき松代にも歌碑がある。また伊豆の亀石にも歌碑があるが今回の伊東と近くふるさとの記憶が作詞
e0221892_13310681.jpg
e0221892_13373498.jpg

e0221892_13313261.jpg
伊東亀石峠
e0221892_13315007.jpg
埼玉県深谷市浅間神社
e0221892_13320823.jpg
松代真田公園
e0221892_13322189.jpg



[PR]
by kksmusic | 2015-01-03 13:27 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

夕焼けこやけ について

夕焼けこやけ
 大正8年中村雨紅作詞大正12年草川信作曲 ヨナ抜き音階で作られている[ドレミソラ)

14.8.1現在

  1. こやけとは ①子焼け 子供の顔が真っ赤に映えて焼けているようだ

(2説くらいか)②小焼け 夕焼けと日が沈む間でだんだん夕焼け色(紅色?)に染まっていく事そして暗くなっていく間

    1. 歌碑 全国で一番多い歌碑 20歌碑?      

    2. 歌碑一覧(20歌碑)
      http://meikyokuka.exblog.jp/ 参照 ①秋田県(姫神公園)②東京荒川区(第2日暮里小)雨紅教師時代③東京荒川区[第3日暮里小]④東京渋谷区(長谷戸小)⑤八王子(宮尾神社]雨紅氏の生まれたところ⑥八王子[観栖寺]⑦八王子室生寺⑧厚木市七沢温泉玉川館(厚木で教鞭)⑨神奈川県藤野町⑩浜北市不動寺内⑪長野県往生寺⑫長野県阿弥陀堂作曲者草川氏の故郷の近く⑬上田市別所温泉北向観音⑭長野県東筑紫郡花顔寺⑮上田市常福寺⑯塩尻市興龍寺

      ⑰和歌山県江住海岸公園⑱高知県安芸市閑慶寺[夕日が美しい・宮尾神社の許可をとり歌碑建立]神奈川県五感の里⑲長野県常福寺北九州市新勝山公園

  1. 梵鐘[歌にある鐘はどこか]作詞者雨紅氏はどこかは明らかにしていないらしいが、恩方の宮尾神社で生まれた育ったことを考えれば下記いずれかと思われる

    八王子恩方 ①観栖寺②興慶寺③室生寺  のいずれからしい

    作曲者草川氏は長野の阿弥陀堂か往生寺の鐘(またはいずれか)と夕焼けをイメージし作曲したらしい。両寺も高台にあり夕焼けは素晴らしいという

  2. 作詞者の夕焼けはどこか

    やはり恩方生まれの場所周辺であると思われる。宮尾神社は高台にあり夕日は美しい厚木七沢にも教鞭をとり滞在していたがやはり夕日がきれいなところであることから自筆の歌碑がある


[PR]
by kksmusic | 2014-07-31 11:07 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

横浜の歌碑

e0221892_22365001.jpg

[PR]
by kksmusic | 2014-04-25 10:09 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

赤い靴の歌碑

e0221892_22362950.jpg

[PR]
by kksmusic | 2014-04-25 10:09 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

名曲歌碑めぐり〔ふるさとの歌碑4件)

日本で一番歌われ、皆さんが知っている童謡と思われる。歌碑は作詞者高野辰之氏の長野県と作曲者岡野貞一氏の鳥取県でそれぞれある
長野県豊田村
e0221892_10032208.jpg
長野県斑尾高原
e0221892_10033325.jpg
山梨県笛吹市
e0221892_10034215.jpg
鳥取県久松公園
e0221892_10035760.jpg

[PR]
by kksmusic | 2014-04-25 10:08 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

みかんの花咲く丘(埼玉県深谷市浅間神社(別名智形神社)&静岡県伊東亀石峠の歌碑

作曲海沼実、作詞者加藤省吾さんが両親の里に疎開(深谷市)時故郷の伊豆を思い浮かべて作曲。伊豆亀石峠(富士市は加藤氏の出身地)と松代(作曲者の故郷)にも歌碑がある
加藤省吾顕彰碑文の内容
 童謡「みかんの花咲く丘」は,およそ日本人であるなら, 誰一人として知らぬ者はいない不朽の名作として多くの子供 達に歌われ,親しまれ,子供達の豊かな情操を育む上で,多 大の影響力を及ぼしてまいりました。
 そして,この歌の作詞をされたのが加藤省吾先生でござい ます。先生は,昭和二十年五月,御両親の住んでおられた, 当時の深谷町本住町に疎開されましたが,「みかんの花咲く 丘」は,この後間もなく作詞されました。つまり,この名作 は,深谷の地で,先生が故郷静岡に思いをはせながら, 誕生したのでございます。
 戦後の困窮と混乱の時代に,「リンゴの歌」とともに,人 々に希望と感動を与え,多くの日本人の心の琴線に,深く訴 えたという意味では,この歌は,日本人の心の美しい側面を 見事に歌い上げているのでございます。
 私も,この歌の,美しく,優しく,そして哀調を帯びた 歌詞の一節一節を耳にするとき,深く感動せずにはおられま せん。先生は,このほかにも,「かわいい魚屋さん」を始め 「笛吹童子」,「怪傑ハリマオ」,「おらあ三太だ」等 当時の人気ドラマの主題歌も作詞され,しかも,深谷小学校 の校歌までも作詞されておられます。
 当年七十七歳の先生は今も日本大衆音楽協会理事長の要職 に就いておられ,また,平成元年の春の叙勲におきましては 長年にわたる作詞家としての功績により,勲四等瑞宝章を受 章されました。
 先生の深谷での足跡を,ここに記録し,顕彰し,後世にそ の生涯の一節を伝えるとともに,偉大な作詞家の歴史を語り 継ぎ,本市の芸術・文化振興の一助とするため,市民有志の 熱き情熱により,この歌碑は,建立の運びとなった次第でご ざいます。  平成四年四月吉日           深谷市長 福嶋健助 撰文謹書 
e0221892_13513105.jpg
e0221892_13522196.jpg
 
e0221892_12463472.jpg

伊東亀石峠の歌碑

e0221892_13415115.jpg
e0221892_13423567.jpg

名作みかんの花咲く丘 は終戦直後の昭和21824日に作詩家加藤省吾氏によって作詩され作曲家海沼実氏によって作曲されました。そして最初の放送は翌日の夜NHKのスタジオと伊東西国民学校〔現伊東市立西小学校〕とを結ぶ日本で初めてのラジオ二元放送〔空の劇場〕でした。当時人気の絶頂にあった川田正子さんが伊東から放送するために作られたもので、作詩された日の午後伊東に向かう貴社の中で作曲されました。

 加藤省吾氏は静岡県富士市の生まれで叙情的な作品を得意とします。海沼実氏はながの県松代の生まれで数々の名曲をうみました。

 みかんの花咲く丘は一幅の絵画を思わせる叙情と明るくリズミカルな曲調とがマッチして新風を巻きお越し 敗戦に打ちひしがれていた国民に受け入れられて燎原の火の如く一世を風靡し暗い世相に人々の心に明るい灯火をともしました 以来絶えることなく現在も広く国民の間に愛唱されています

 昭和5811月吉日 伊東市市長 芹沢昭三

e0221892_13582901.jpg



[PR]
by kksmusic | 2014-03-24 12:46 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

赤とんぼ(龍野市)歌碑と三木露風の生家

赤とんぼで代表される三木露風の生家が龍野市にある。6歳まで両親と住んだとある。市は童謡の小径で7歌碑(全国で応募して決定)のほか赤とんぼなど文化活動に熱心である。私が訪問前、市に問い合わせると膨大な資料と歌碑の場所など送付してくれた。駅の観光案内所もすべて場所など把握していた。とても感動した
e0221892_20521518.jpg
e0221892_20524689.jpg


赤とんぼ歌碑

e0221892_21002762.jpg
e0221892_12460654.jpg
e0221892_12454961.jpg
e0221892_12453586.jpg
e0221892_20581199.jpg
e0221892_21015425.jpg
e0221892_12490023.jpg

[PR]
by kksmusic | 2014-01-24 20:58 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

花(墨田区言問橋)(明治23年)(歌謡曲四季) 武島羽衣氏(28才)の歌詞に滝廉太郎が21歳のとき作曲。歌曲「花」の出典は、共益商社楽器店・明治33年11月発行の、瀧廉太郎(作曲)『四季(花)。(ワイド版岩波文庫『日本唱歌集』 による) 歌碑は隅田川の言問橋にスカイツリーの方向を向いてある。歌碑は作詞者の自筆とある。上野の東京音楽校奉楽堂に滝の直筆の楽譜があるが武島、滝両者とも東京音楽学校の教授助教授の間柄であった。歌碑は昭和31年11月に建てられた。
e0221892_14021211.jpg
e0221892_14024786.jpg
e0221892_14031057.jpg
e0221892_14032957.jpg

[PR]
by kksmusic | 2013-04-23 22:23 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)