人気ブログランキング |

出前訪問演奏「リフライズ」2019-6-12 参加者数25名

 2019年6月12日(水)港北区(最寄駅 新羽)の「アクティブライフ リフライズ」様に出向いてきました。
ここは 通所型の介護サービス事業を行っているところで、通所されている皆様が食堂ホールに集まり「歌声サロン・リフライズ」と銘打って歌っています。この日は25名(うち男性9名)の方々がホールに顔を出されて歌われました。
歌は 14時30分~15時30分までの1時間で「こころの歌を+3G」編から16曲を歌いました。尚 次回に向けてリクエスト「ブルーライト・ヨコハマ」が出されましたが、次回予定の「おもいでの歌を+4G」編に同曲が組込まれているため、カットせずに歌うことになります。
 次回は8月14日(水)14時30分からです。暑い盛りなので団員も熱中症にならないように、マイボトルを携えてご来所下さい。(水分と若干の塩分を含めて)

e0221892_18054726.jpg
「熱中症に注意 ...」の画像検索結果「熱中症に注意 ...」の画像検索結果

# by kksmusic | 2019-06-12 20:30 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-6-6 参加者34名

 2019年6月6日(木)歌声サロン・伊勢佐木は真夏のような暑さの中34名(内男性9名)の方々にご参加いただき、熱気ムンムン、歌う気満々、冷房入りで始まりました。
 はじめに 当所クロス・ストリートで2011年6月9日(木)に第1回の「歌声サロン・伊勢佐木」を開催してから、丁度丸8年になりましたことを皆様にご報告し、再来年6月の10周年に向けて尚一層のご支援ご愛顧をお願い致しました。
 尚 健生音楽団が始める1年前の2010年の5月15日に、フォークデュオの ”ゆず”が参加しクロスストリートをオープンしたようです。
 「ゆず」が命名した横浜のアート発信拠点。
 「CROSS STREET」の名付け親は、伊勢佐木町の路上ライブから、メジャーに羽ばたいた”ゆず”が「新しい世代のストリートミュージシャンが、このライブハウスを通じて様々な文化・音楽そして人と交差(クロス)する場所になってほしい」と言う思いを込めて命名したとのことです。
 この日は 「0809集」編から27曲を歌いました。
また 休憩時のミニステージでは、本田義之のギター伴奏で「The Roseー愛は花 君はその種子」を神津妙子が、「ルージュの伝言」を今泉京子が夫々情感を込めて歌い大きな拍手喝采を浴びました。

e0221892_13560550.jpg
e0221892_13565817.jpg
e0221892_13553674.jpg





# by kksmusic | 2019-06-07 14:00 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-5-16 参加者 36名

 2019年5月16日(木)歌声サロン・伊勢佐木は、夏のような暑さの中36名(内男性9名)の方にお集まりいただきました。
歌の前半では外国曲が多く「赤いサラファン」「サンタルチア」「エーデルワイス」「夢路より」「追憶」などを感情いっぱいに歌いました。 後半で「横浜市歌」を歌いましたが、司会の二瓶(町内会長)から 8年間学校から招かれて式に参列しているが、昔は定番だった「蛍の光」や「仰げば尊し」などは聞いたことがなく、「横浜市歌」だけは歌われている、と現状の学校の話がありました。そうですか・・草葉の陰で作詞の森鴎外(森林太郎)が喜んでいることでしょう。
また「二人は若い」では、ディック・ミネと星玲子がデュエットした曲ですが、次のセリフの部分を男女別に歌っていただきました。
「あなた(女)・・なぁんだい(男)」「ちょいと(男)・・なぁによ(女)」「あのネ(女)・・なぁにさ(男)」
男が少なかったせいもありましたが、男性パートの声が小さかった気がしました。
照れと気恥ずかしい?からだったのか。まさか 普段「めし!風呂!寝る!」だけしか会話が無い?ということは無いですね。

e0221892_11041690.jpg
e0221892_11051349.jpg



# by kksmusic | 2019-05-17 11:21 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-5-2 参加者51名

 2019年(令和元年)5月2日(木) この日は10連休の6日目になり、会場のクロス・ストリートも休日扱いで利用時間が12時から16時半と設定されていました。
このため開演時間を1時間早めて14時開演とし、前の1時間を新元号(令和)スペシャルとして団員のパフォーマンスをご披露することにしましたが、ふたを開けてみると13時半頃からお客様がどんどん詰めかけて来られ、開演の頃はほぼ満員状態になりました。
(入場者数 51名 内男性24名)

 スペシャルのプログラムは
 花(滝廉太郎)・・オールスターズでのコーラス ギター伴奏
 野ばら(ウェルナー)・・同上  1番はドイツ訪問メンバー3人によるドイツ語歌唱
 オーシャンゼリゼ・・歌声シスターズ3名によるコーラス ギター伴奏
 赤いスイートピー・・伊勢佐木きょんぽん ピアノ&ギター
 太陽がくれた季節・・  同上      ギター
 遥かな友に ・・好機好齢ジーサウンズ アカペラコーラス
 かえり船・・  ジーサウンズ ソロ  ハーモニカ
 木星のファンタジー ・・ウインドブラザース フルートトリオ(3人 計256歳)
 翼をください ・・オールスターズ & お客様全員
 上を向いて歩こう ・・ 同上

 最後の2曲では お客様の有志数名がステージにかけ上がり歌われて大いに盛り上がりました。お陰様で令和元年の特別ステージは大成功裡に終えることができました。関係者の皆様お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
通常サロンはいつも通り15時から始め、「0607集」から24曲を歌いました。

           伊勢佐木歌声シスターズ 神津 堀越 今泉
                           &ギター本田
e0221892_21065176.jpg

             伊勢佐木きょんぽん 今泉・本田
e0221892_21073794.jpg

            ジーサウンズ 佐々木 安田
e0221892_21083251.jpg

        ウインドブラザース 伊藤 國久 金子 (平均年齢85歳)
e0221892_21091463.jpg

  オールスターズ&お客様と
e0221892_21113099.jpg

                 歌声サロン
e0221892_21121969.jpg
e0221892_21125171.jpg



# by kksmusic | 2019-05-03 21:28 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏「蒔田らくらくサロン」様 2019-4-24 参加者 33名

 2019年4月24日(水)南区の「蒔田らくらくサロン」様に出向いてきました。
当サロン様からは年5回(8月は除いて)偶数月の第4水曜日に出前依頼を受けており、
蒔田地区からはこの他に「蒔田百寿会」様から年3回のご依頼があり、今年は4
月、8月、12月の金曜日です。
この日は33名(内男性5名)の方々が来場されており、歌を楽しまれた後 軽い体操をされてから、蒔田警察からのお話(おれおれ詐欺について)を聞かれる段取りになっていました。横浜市の中でも南区特に蒔田地区はO詐欺の被害が多いようです。筆者も蒔田在住なので他人事とは思えません
 歌は45分間で「こころの歌を+3G」編から13曲を歌いました。
「湖畔の宿」では高峰三枝子さんの代わりに、歌声シスターズの京子さんがセリフを披露し、最後に歌った「青い山脈」では、フルーティストがタンバリンに持ち替えて身振りよろしく演奏し、お客様方を青春時代に引き込みました。そして演奏陣が皆80代と紹介すると会場から驚きと称賛の声が挙がりました。
 後半の写真は約1週間前に近くの横浜公園(スタジアム脇)で筆者が撮ったのを参考までに掲載しました。

e0221892_09553303.jpg
e0221892_09542195.jpg
e0221892_09570779.jpg

横浜公園のチューリップ
e0221892_09125365.jpg
e0221892_09135984.jpg
 



# by kksmusic | 2019-04-25 10:06 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏 「蒔田百寿会」様 参加者 32名

 2019年4月19日(金)「蒔田百寿会」様 <蒔田コミュニティーハウス>に出向いてきました。当所は老人会の食事会の後に腹ごなし?に(失礼しました)歌を歌う趣向になっているようで、食事をしながら町内の情報交換が成されているようです。
 この日歌ったのは「おもいでの歌を+4G」編で、終演後お客様から今日の歌はいい歌がたくさん有って楽しかった!と嬉しいお言葉を頂きました。確かに4グループにはいい歌・・演歌・流行歌・・がたくさん並んでいましたね。
 「伊勢佐木町ブルース」「川の流れのように」「恋の季節」「人生の並木道」「ブルーライトヨコハマ」「港町十三番地」「別れの一本杉」などです。
かくいう筆者も「人生の並木道」や「別れの一本杉」などは大好きな歌で、会場の皆様と一緒に大きな声で感情を込めて歌わせていただきました。
 そして この日も これからも出前の最後の見せ場になりそうなのが、タンバリンでした。最後の「青い山脈」で、タンバリンの前奏で歌が始まると、7、8名位の多くのお客様が振りを入れ、手拍子を入れて大いに盛り上がり、タンバリン効果が顕著に表れていたように思うのです。
 長くなってすみませんが、タンバリンはノンバーバル(言語を介さない)コミュニケーションツールとして、音楽療法で良く使われる楽器のようで、自律神経を整えたりネガティブ思考を改善したりの効果が期待できるのだそうです。
 それで大勢のお客様が乗ってくるのでしょうか。

e0221892_18270586.jpg
e0221892_18273876.jpg

「青い山脈」でフルートからタンバリンに持ち替えた金子英治さん
e0221892_18281263.jpg









# by kksmusic | 2019-04-19 19:59 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-4-18  参加者 34名

 2019年4月18日(木)歌声サロン・伊勢佐木は、初夏を思わせるような暖かさの中 冷房入りの会場で大いに歌いました。
 開演の前 恒例の健康体操の後に「脳トレ」として、色読み、字読みをやりましたが、皆さん よどみなく 読んでおられました。 皆さんもっとまごつくと思っていましたが、参加された皆様はさすがに歌好きの方なので脳が若く、40代から50代位とお見受けしました。これからも大いに歌ってお互い脳を鍛えましょう!
 歌の中でアメリカ民謡の「アルプス一万尺」があり4番まで歌いましたが、29番までありますよ と問いかけると一様に驚きの声が挙がりました。 因みにその中のいくつかをご紹介しました。
「染めてやりたや あの娘の袖を お花畑の 花模様」
「蝶々でさえも 二匹でいるのに なぜに僕だけ 一人ぼち」
「命捧げて 恋するものに 何故に冷たい 岩の肌」
「まめで逢いましょ また来年も 山で桜の 咲く頃に」<29番> 
歌は「0405集」編から珍しく予定した全曲28曲を歌いました。

e0221892_20503299.jpg
e0221892_20513858.jpg
e0221892_20522159.jpg




# by kksmusic | 2019-04-19 09:43 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏「リフライズ」(新羽)2019-4-10 参加者 25名

 2019年4月10日(水)港北区(新羽)の「リフライズ」様に2回目の出前に行ってきました。この日はあいにくの雨で寒い一日でしたが、老体?にむち打ち新羽駅からリフライズまで約15分傘をさし、キャスターバッグを引いて歩きました。(内2名は途中までバス)
 「歌声サロン・リフライズ」は14時半から1時間 会場の食堂で実施されましたが、25名(内男性8名)の方々が雨の中をリフライズに集まってこられました。皆さん70代後半から80代位の方々に見えましたが、団員と同じような年齢のようでした。歌を歌った後はケーキとお茶の時間で、その後送迎バスで各所に帰られるとのことでした。
 この日は はじめて女性団員も参加しスネアドラムを叩きましたが、曲によってはタンバリンを持ちお客様の近くで手拍子に合わせたり、はたまた当団最高齢の87歳のフルーティストがフルートからタンバリンに持ち替え、いつになく若々しい表情で伴奏したりの演出もあり大いに盛り上がりました。終演後 涙を流して喜んでいただいたお客様もいらしたようで大きな拍手を戴き帰路につきました。
歌は 「くちびるに歌を+2G」編から17曲を歌いました。

e0221892_09210684.jpg

e0221892_09215336.jpg

e0221892_09234172.jpg

e0221892_09244317.jpg




# by kksmusic | 2019-04-11 09:26 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-4-4 参加者25名

 2019年4月4日(木)歌声サロン・伊勢佐木は、花見シーズン真っ最中にも拘わらず25名の ”歌が大好き!” と言う方々にお越しいただきました。花よりだんご ではなく ”花より歌”となりまさに歌満開の状態でした。
 一方 この日花見に出掛けられた方々は、満開の花を愛で歌を口ずさみ、おだんごなどを食べて楽しまれたことと思います。
 歌は 春に因んだ こいのぼり、春が来た、春の唄(歌)、花は咲くなど28曲を歌いましたが、今回は同じ曲名で作者や歌い手が違うものが4曲ありました。
こいのぼり(やねよりたかい)・・鯉のぼり(いらかのなみと)  砂山(中山晋平)・・砂山(山田耕作)  野ばら(ウェルナー)・・野ばら(シューベルト) 春の唄(歌)(月村光子唄)・・春の唄(田端典子唄)
 尚 来5月2日(木)は新元号スペシャルということで、開演を1時間早めて14時開演となりますので都合のつく方は早めにご来場下さい。団員の歌や演奏をご披露致します。 

e0221892_09320575.jpg
e0221892_09322512.jpg

# by kksmusic | 2019-04-06 09:24 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-3-21 参加者 46 名

 2019年3月21日(木・祭)は、横浜地方の桜の開花宣言もあり華やいだ雰囲気が漂っていました。一方 会場の外の伊勢佐木通りでは先日まで満開だった白モクレンが散りコブシが満開になっていました。
 この日は「春分の日特別ステージ」を企画して通常より1時間早く14時からの開演とし、通常サロンはいつも通り15時からの開始としました。
 「特別ステージ」に参加されたお客様は予想以上に多く、プロジェクター投影された歌詞を見て一緒に歌って楽しまれたり、団員の熱演に拍手を送って頂いたり、客席からステージに登壇して出演者と一緒に「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌って戴いたお客様も3名ほどおられて、大いに盛り上がりを見せました。
 そして、ステージ上で歌った「伊勢佐木 歌☆声シスターズ」の面々も、普段のサロンではステージ奥の方で地味に伴奏していて「日陰の女」と自嘲気味でしたが、この日は中央でスポットライトを浴び主役を努めていました。あとで 「たまにはこういうのがあってもいいわねー」・・・との声が聞こえてきました。
 歌った歌は <特別ステージ>見上げてごらん夜の星を・空に星があるように・野に咲く花のように・涙そうそう・やさしさに包まれたなら・遠くへ行きたい・あの素晴らしい愛をもう一度・ダニーボーイ・さくら
 通常サロンでは 「0203集」編から26曲を歌いました。

尚 本年6月9日で「歌声サロン・伊勢佐木」は丸8年となり9年目を迎えます。
ついては 6月6日(木)に8周年の特別番組を組みたいと思いますのでよろしくお願い致します。

e0221892_16253384.jpg
e0221892_16270706.jpg
e0221892_16282533.jpg
e0221892_16291941.jpg



# by kksmusic | 2019-03-22 18:18 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)