歌声サロン・伊勢佐木 2018-10-4 参加者数27名

 2018年10月4日(木)の「歌声サロン・伊勢佐木」は、終日小雨交じりの天候のせいか若干少なめの参加者でした。(27名内男性11名) 
 冒頭 ノーベル賞受賞の本庶佑教授の写真を投影し賞金の話に及んだ時、約100年前に受賞したアインシュタインの賞金の使途が、離婚の慰謝料に全額充てた話になり大変盛り上がりを見せました。因みに本庶教授は全額京都大学に寄贈するようですが。
 歌は「1718集」から25曲を歌い、前半は動物たちに絡んだ歌「金魚の昼寝」(金魚)「俵はごろごろ」(ねずみ)「大こくさま」(白兎、鮫)「待ちぼうけ」(兎)や、森の歌、リンゴの歌などを歌い童心に帰りました。
 後半は「一杯のコーヒ―から」「並木の雨」とミス・コロンビア(後に松原操)の歌や、”ビロードの声”と人気を博した津村謙の「上海帰りのリル」、ヒット曲がこれ1曲「真夜中のギター」の千賀かほるの歌などを歌い盛り上がりました。
 また休憩時間のミニステージでは、<伊勢佐木 歌☆声 シスターズ>の美女達とお客様が一体になって「オー・シャンゼリゼ」をピアノ伴奏とプロジェクターの歌詞を見ながら、日頃歌っている歌と違う雰囲気で皆さんパリに行った気分になり?笑顔満載で気分よく歌っておられたのが印象的でした。

e0221892_10170781.jpg
e0221892_10173870.jpg
e0221892_10181536.jpg


[PR]
by kksmusic | 2018-10-05 10:20 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kksmusika.exblog.jp/tb/27581719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
歌声サロン・伊勢佐木 2018... >>