人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夕焼けこやけ について

夕焼けこやけ
 大正8年中村雨紅作詞大正12年草川信作曲 ヨナ抜き音階で作られている[ドレミソラ)

14.8.1現在

  1. こやけとは ①子焼け 子供の顔が真っ赤に映えて焼けているようだ

(2説くらいか)②小焼け 夕焼けと日が沈む間でだんだん夕焼け色(紅色?)に染まっていく事そして暗くなっていく間

    1. 歌碑 全国で一番多い歌碑 20歌碑?      

    2. 歌碑一覧(20歌碑)
      http://meikyokuka.exblog.jp/ 参照 ①秋田県(姫神公園)②東京荒川区(第2日暮里小)雨紅教師時代③東京荒川区[第3日暮里小]④東京渋谷区(長谷戸小)⑤八王子(宮尾神社]雨紅氏の生まれたところ⑥八王子[観栖寺]⑦八王子室生寺⑧厚木市七沢温泉玉川館(厚木で教鞭)⑨神奈川県藤野町⑩浜北市不動寺内⑪長野県往生寺⑫長野県阿弥陀堂作曲者草川氏の故郷の近く⑬上田市別所温泉北向観音⑭長野県東筑紫郡花顔寺⑮上田市常福寺⑯塩尻市興龍寺

      ⑰和歌山県江住海岸公園⑱高知県安芸市閑慶寺[夕日が美しい・宮尾神社の許可をとり歌碑建立]神奈川県五感の里⑲長野県常福寺北九州市新勝山公園

  1. 梵鐘[歌にある鐘はどこか]作詞者雨紅氏はどこかは明らかにしていないらしいが、恩方の宮尾神社で生まれた育ったことを考えれば下記いずれかと思われる

    八王子恩方 ①観栖寺②興慶寺③室生寺  のいずれからしい

    作曲者草川氏は長野の阿弥陀堂か往生寺の鐘(またはいずれか)と夕焼けをイメージし作曲したらしい。両寺も高台にあり夕焼けは素晴らしいという

  2. 作詞者の夕焼けはどこか

    やはり恩方生まれの場所周辺であると思われる。宮尾神社は高台にあり夕日は美しい厚木七沢にも教鞭をとり滞在していたがやはり夕日がきれいなところであることから自筆の歌碑がある


by kksmusic | 2014-07-31 11:07 | ⑩名曲歌碑めぐり紹介 | Trackback | Comments(0)

春川ひろしと童謡を楽しむ会(江北地域学習センター)14.7.27

デキシーランドジャズ演奏家(春川さんのキーボード、大西さんのバンジョー下間さんのトランペット、そしてトロンボーン、ジャズ歌手の新子和江さん、優さんなど)が集まり無料の童謡を楽しむ会だ。40名近くの方々がおられた。春川さんのうたの思いや経緯などの説明があり約2時間あまり演奏や歌で楽しんだ。通常の歌声とは異なり楽器はユニークだ。普段デキシージャズだがここは童謡。贅沢な楽団だ。春川さんは童謡の歴史、作詞家作曲家、歌の隠された意味合いなど交えて語りとても詳しくそれをまとめた冊子[近代日本の音楽の原点は童謡にあり)を頂いた。熟読してしまった
私は春川さんの取り組み(童謡を広める活動)に賛辞を送りたい。
e0221892_21561453.jpg
e0221892_21564136.jpg
e0221892_21570581.jpg
e0221892_21572317.jpg



by kksmusic | 2014-07-27 21:57 | ④トピックス | Trackback | Comments(0)

14.7歌声サロン(伊勢佐木)14.7.17

61名+団員10名と今回も満員であった。赤ちゃんのお耳編24曲を楽しんだ。七つの子、思い出のアルバム、富士の山、春の小川、海、ステンカラージン、おおブレネリ、荒城の月、村祭り、南の花嫁さん、二人は若い、湯島の白梅、喜びも悲しみも幾年月、切手のない贈り物、見上げてごらん夜の星を、あざみの歌、かえり船、東京の花売り娘など。ハーモニカは別れの磯千鳥、城ヶ崎ブルース。耳より話は安田さんの柔道について(詳細はカテゴリー耳より話の詳細参照)
e0221892_22081545.jpg
e0221892_22095725.jpg
耳より話安田さん
e0221892_22113322.jpg
新規参加キーボード廣瀬さん
e0221892_22115132.jpg

by kksmusic | 2014-07-17 22:12 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

ピアノコンサート(山手西洋館サマーコンサート)

毎年山手111番館で行われている。山田彩実さんは新進のピアニスト。30人くらいの小さな会場だが横浜 港が見える丘 にあり雰囲気といいまた人間業とは思えぬほどの熱演であった。こういう若手が世界に羽ばたいている姿を見るとつい応援したくなる。
e0221892_13553384.jpg

by kksmusic | 2014-07-16 13:55 | ④トピックス | Trackback | Comments(5)

14.7 歌声サロン〈大倉山)14.7.8

21名+団員7名ほぼ満員であった。今回は神奈川県にゆかりのある歌みんなで歌おう横浜であった。
横浜市歌(森鴎外作詞)に始まりカモメの水兵さん、青い目の人形、浜辺の歌、赤とんぼ、夕焼け小焼け、お猿のかごや、めだかの学校、赤い靴、歌の町、箱根八里、桜貝の歌、港町13番地、港が見える丘、きみといつまでも、別れのブルース、ブルーライト横浜、などを24曲を楽しんだ。
耳寄りはなしは神奈川県の歌碑について〈笠松さん)詳細はカテゴリー耳より話参照
e0221892_20561800.jpg
耳寄りはなしの笠松さん(横浜の歌碑)
e0221892_20572862.jpg


by kksmusic | 2014-07-08 20:58 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

7.百万本のバラについて(東欧の旅にて)

楽団の宮田芳光 氏の力作
この歌は1981年ラトビアの歌謡コンテストの優勝曲。1982年ロシアの作詞者により 百万本の赤いバラ として発表。原曲の詩とはまったく違う異なったものがたりになったという。1987年加藤登紀子が百万本のバラとして歌う。原曲が聞けます(つぎのアドレスをクリック)
 ラトビアの原曲 http://lyricstranslate.com/en/aija-kukule-d%C4%81v%C4%81ja-m%C4%81ri%C5%86-lyrics.html#ixzz35ocGFxTi
加藤登紀子(youTubeより)https://www.youtube.com/watch?v=dOHF8FuNyC4
e0221892_21172310.jpg
e0221892_21175236.jpge0221892_21181038.jpg
by kksmusic | 2014-07-01 09:36 | ⑥投稿記事 | Trackback | Comments(1)