<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歌声サロン・伊勢佐木 2018-9-20 参加者23名

 2018年9月20日(木)の歌声サロン・伊勢佐木は、秋雨前線の影響で終日雨になり、会場に足を運んで下さる方がいつもよりやや少なく、23名(内男性6名)の参加者でした。
 初めに音楽団の合宿を兼ねた「歌声サロン・三浦」について、プロジェクター映像を見ながらご紹介させていただきました。11月7日(水)~8日(木)の日程で、会場(宿)は三浦海岸駅から3~4分の「民宿 根本荘」<別棟 音楽ホール(潮音しおね)>です。7日の14時過ぎから自由練習・歌などで過ごし、夕食後19時から21時まで団員によるミニステージ(演奏・歌)を予定しています。一般のお客様も歓迎しますので9月末までにご一報ください。
 この日は「1516集」から25曲を歌いました。はじめに時節柄「てるてる坊主」を歌いましたが、前日歌えば今日は晴れたのになーという声が聞こえてきました・・・
「森の熊さん」では1番と2番だけ二組に分かれて合いの手を入れて貰いましたが、皆さん要領をつかんでおられ大変上手くいきました。この歌は当会場のクロス・ストリートの設計やら名付けに携わったフォークデュオの「ゆづ」もコンサートなどで合いの手を入れ良く歌うようです。
「七里ヶ浜の哀歌」は本来6番まである歌ですが、涙 嗚咽で歌えなくなる、伴奏が途切れるなどが予想されるため、この日も2番までにしました。ご了解ください。
 
e0221892_07444372.jpg
e0221892_07452408.jpg
e0221892_07460458.jpg



[PR]
by kksmusic | 2018-09-21 11:33 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏 大倉山「優和会」2018-9-16 参加者28名

 2018年9月16日(日)大倉山の「優和会」様(明和会館)に出向いてきました。
この日は 毎年恒例の敬老の日イベントに合わせた総会の後の「歌の会」で、参加者は28名(内男性5名)で例年より少な目でした。
歌は食事会の後、13時~14時半まで(途中約10分の休憩と3人娘のコーラス入り)でしたが、早々に10分のリクエストを戴き終演は14時45分でした。
 前日発表された数字では、全国で100歳以上の方が約7万人、内男性が8千3百人と、女性が圧倒的に多く、悲しいかな男性は極端に少ないという数字が出ました。何故でしょう?? 男がか弱いのか 女はしぶといのか 強いのか??
 そしてこの日の出前には、初めて女性団員も3名押し掛けて総勢9名の参加で盛り上がりました。これには裏話があって 優和会様はいつも昼食の豪華弁当を支給して下さるという情報を聞きつけて、これに彼女達が惹かれたのではと思われます。
 豪華弁当を馳走になった3人娘は、休憩時間に歌のサービスを披露してくれました。「オーシャンゼリーゼ」を今泉嬢のピアノに合わせてソロ、コーラスと歌い、次にお客様も巻き込んで2回目の歌も披露して喝采を浴びました。また「湖畔の宿」では、通称高峰玲子さんがセリフを披露して本人を上回る美声で拍手を浴びました。
 豪華弁当は「会席膳こころ」(新横浜)でしたが、この日歌った歌集も「こころの歌を」編で、さらにこの日のピアニスト今泉嬢がミューザ川崎で開催している歌声の会が「こころ」と、「こころ」のこもった「歌の会」になりました。優和会 世話役の三浦さん いろいろとありがとうございました。楽しい敬老の会でした。

e0221892_10063447.jpg
e0221892_10070766.jpg

健生3人娘のコーラス「オーシャンゼリゼ」
e0221892_07040678.jpg

会席膳「こころ」
e0221892_07045636.jpg






 

[PR]
by kksmusic | 2018-09-17 10:07 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-9-6 参加者26名

 2018年9月6日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、台風21号も通過し悪天候は免れた中での開催でしたが、やや少な目の26名の参加でした。
 この日の早朝、北海道胆振地区で震度7の大地震が発生し、死者や行方不明者が多数出ているため、この地に縁の有る方々は消息確認、災害確認などで朝から大変だったことと思います。
 このような状況の中で、サロンで歌を歌えることはこの上ない幸せであり、有り難いことと思います。

 歌は、「1516編」から25曲を歌いました。「七里ヶ浜の哀歌」では、曲の説明の頃からウルウルきていた(らしい)前列のお客様が、歌い終えると同時にハンカチで何度も目頭を押さえておられました。(泣かせてしまいました?)この歌は本来6番までありますが、当サロンでは2番までで打ち切っています。6番まで歌うと多くの皆さんが涙し、嗚咽を漏らし、歌にならなくなり、伴奏陣も涙で楽譜が見えなくなり、となるのではと勝手に危惧しているからです。
 この後にも「涙そうそう」で、森山良子さんの早世した1歳上のお兄さんを想う「さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう」を歌い涙を誘いました。

e0221892_15004382.jpg
e0221892_15011869.jpg




[PR]
by kksmusic | 2018-09-07 15:05 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)