<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2018-10-24 参加者30名

 2018年10月24日(水)南区の「蒔田らくらくサロン」様(蒔田コミュニティーハウス)に出向いてきました。(参加者30名内男性5名)
ここは毎年 年5回の出前を依頼されているところで、次回は12月26日(水)になります。
 当サロンの皆さんは歌う事が好きで仕方がない!人達の集まりのようで、この日も、初めに「あいうべ体操」で口を動かして戴きましたが、そのせいかその後の歌声に張りが出て、しかも軽い振りを入れて歌う方が何人かおられました。皆さん楽しそうだった! 
「カチューシャ」を歌った後、女性の皆さんはカチューシャ(髪飾り)はしないですか?と聞いてみたら皆笑い飛ばしていました・・?? 年齢に関係なく髪飾りは素敵だと思うのですが・・
 歌は「きぼうの歌を」+5G 編から14曲を歌いましたが、「寒い朝」を歌った後 作曲の吉田正のシベリア抑留の話になった時、同氏の「異国の丘」を口ずさむ方がおられたので、機会を見て歌いましょう、と引き取りました。

e0221892_19303147.jpg
e0221892_19310961.jpg




[PR]
by kksmusic | 2018-10-24 19:33 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前演奏「蒔田 百寿会」様 2018-10-19(金)30名

10月19日(金)出前演奏で「蒔田 百寿会」様<蒔田コミュニティーハウス>に出向いてきました。参加者30名内男性8名
この会は 食事会の後に皆さんで歌って楽しむ地域の集まりですが、中に90歳の男性もおられ元気なお年寄りのグループでした。
 歌う前に、前日クロストリートの歌声サロンでもお客様と実施した「あいうべ体操」をここでもやり、口の周りを大きく動かしてリラックスしていただきました。
 その効果か皆さん大きく口を開けて、中には振りを入れて楽しそうに歌って頂きました。
歌は「こころの歌」+3G編から15曲を歌いました。
(写真は百寿会の上原様にお願いしました。若干お顔が映り込んでいますがご了解下さい。)
e0221892_06374467.jpg
e0221892_06382771.jpg



[PR]
by kksmusic | 2018-10-20 07:01 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-10-18 参加者28名

 2018年10月18日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、曇り空のやや肌寒い天候でしたが、28名(内男性9名)の常連様がお越し下さいました。
 クロス管理の方が、今年は会場前の落ち葉がいつになく多くて掃除が大変とおっしゃっていましたが、台風の風と塩害で伊勢佐木通りの樹木の葉も、大分やられているようでした。
今年の各所の紅葉もあまり期待できないかも知れません。
 歌は「1718集」から21曲を歌いました。
この中で 2曲が対の歌がいくつかありました。「小鳥の歌」「かたつむり」は、それぞれ1番と2番の歌詞が二文字しか違わない、「大こくさま」「待ちぼうけ」はうさぎが主人公、「森へ行きましょう」「森の小人」は森が主題、「リンゴのひとりごと」「津軽のふるさと」はリンゴが主人公といった具合です。
 尚この日は、健生音楽団のバンド名が決まりましたので、お客様のの前で発表させていただきました。

 全体のバンド名:「伊勢佐木 歌☆声 アンサンブル」
 小グループ   「 〃   歌☆声 シスターズ」
         「 〃   ウインド・ブラザース」
         「 〃   キョンポン」 

  以上 よろしくお願い致します。 

e0221892_10364161.jpg
e0221892_10370851.jpg




[PR]
by kksmusic | 2018-10-19 21:44 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-10-4 参加者数27名

 2018年10月4日(木)の「歌声サロン・伊勢佐木」は、終日小雨交じりの天候のせいか若干少なめの参加者でした。(27名内男性11名) 
 冒頭 ノーベル賞受賞の本庶佑教授の写真を投影し賞金の話に及んだ時、約100年前に受賞したアインシュタインの賞金の使途が、離婚の慰謝料に全額充てた話になり大変盛り上がりを見せました。因みに本庶教授は全額京都大学に寄贈するようですが。
 歌は「1718集」から25曲を歌い、前半は動物たちに絡んだ歌「金魚の昼寝」(金魚)「俵はごろごろ」(ねずみ)「大こくさま」(白兎、鮫)「待ちぼうけ」(兎)や、森の歌、リンゴの歌などを歌い童心に帰りました。
 後半は「一杯のコーヒ―から」「並木の雨」とミス・コロンビア(後に松原操)の歌や、”ビロードの声”と人気を博した津村謙の「上海帰りのリル」、ヒット曲がこれ1曲「真夜中のギター」の千賀かほるの歌などを歌い盛り上がりました。
 また休憩時間のミニステージでは、<伊勢佐木 歌☆声 シスターズ>の美女達とお客様が一体になって「オー・シャンゼリゼ」をピアノ伴奏とプロジェクターの歌詞を見ながら、日頃歌っている歌と違う雰囲気で皆さんパリに行った気分になり?笑顔満載で気分よく歌っておられたのが印象的でした。

e0221892_10170781.jpg
e0221892_10173870.jpg
e0221892_10181536.jpg


[PR]
by kksmusic | 2018-10-05 10:20 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)