人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

出前訪問演奏 「蒔田らくらくサロン」様 2020-2-26 参加者13名

 2020年2月26日(水)出前訪問演奏で南区の「蒔田 百寿会」様に出向いてきました。
 いつもと同じに開演1時間前に皆会場に着き 練習を始めたのですが、いつも早めに来ておられる数名の役員の方達がどなたも姿を見せておらず、会場内は暗くひっそり コロナの件もあり少々焦りました。管理のコミュニティーハウス所長に中止の連絡がありましたか?とお聞きしたら、いや予定が組んでありますからやると思いますよ、とのご返事でした。
 その後 所長が責任者の方に電話で確認したところ、これから出ますとの返事でした、との報告を受け 急な中止ではないと分かりホッとしました。
 しかし ふたを開けてみると参加者は少なく、役員の方が約半数で総勢13名(内男性6名)の方々が開演まじかに集まって来られました。
 やはりコロナのことで 個人個人に各方面から集会への参加を見送るようにとの話が入り交り、不参加者が多くなったようです。コロナ騒動で市中の隅々にまで影響が出ていることを実感した次第です。コロナめ!
 参加者数は少なかったのですが、皆さんの顔 歌う表情が近くて良く分かり、いつもと違った親近感のある歌声サロンになりました。良かった 良かった。
音楽団の方も 高齢のため入院等で参加できないメンバーがおり、この日は3名で臨み お互い少ない同士?で頑張りました。
歌は「くちびるに歌を+2G」編から12曲を歌いましたが、終演後 女性の方から次回のリクエストが出されました。「女ひとり」です。

出前訪問演奏 「蒔田らくらくサロン」様 2020-2-26 参加者13名_e0221892_17510897.jpg

出前訪問演奏 「蒔田らくらくサロン」様 2020-2-26 参加者13名_e0221892_17515290.jpg





by kksmusic | 2020-02-26 20:32 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2020-2-20  参加者21名

 2020年2月20日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、コロナウィルス関連の話題でもちきりの中 参加者が少ないのではと心配しましたが、21名のほぼ常連の方々が馳せ参じてくださりホッとしました。そして 参加された皆さんは コロナ何するものぞ!と元気いっぱいの表情で歌って楽しまれておられました。
 歌は「第2425集」編から25曲歌いました。
歌の朗読では「小さな木の実」を選んで皆で読み合わせしその後歌いました。
この詞は作詞の海野洋司(ひろし)が長男が生まれたのを記念して作った「草原の秋」が元になっており、「秋の日に少年は かって父親と一緒に拾った木の実を手に持って草原を走り抜ける。その時少年は父親が昔語ってくれた言葉<坊や強く生きるんだ!>を思い出す」というストーリーになっています。
また 「岬めぐり」では この歌は男性の失恋の歌ですが、三浦海岸駅から35系統のバスで岬めぐりをされてみてはいかがでしょう とご紹介しました。
なお 2月5日~3月8日まで三浦海岸の「河津桜まつり」も開催されていますので、岬めぐり 桜まつり と楽しみ満載の三浦海岸です。
 尚(最新 2月18日の三浦河津桜の写真も併せて掲載しました)

歌声サロン・伊勢佐木 2020-2-20  参加者21名_e0221892_11255108.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2020-2-20  参加者21名_e0221892_11274225.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2020-2-20  参加者21名_e0221892_11395513.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2020-2-20  参加者21名_e0221892_11471474.jpg






by kksmusic | 2020-02-21 11:50 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏 「リフライズ」2020-2-12 参加者 20名

 2020年2月12日(水)出前訪問演奏で港北区のアクティブライフ「リフライズ」様に出向いてきました。 当所は 市営地下鉄「新羽」駅から徒歩で15分位のところにあり、約4年前に開所した通所型介護事業サービスを行っているところです。約1年前 当所を利用されているお客様とのご縁から、健生音楽団に出前のご依頼があり年6回ご訪問しています。
 新たな年を迎え、ここにあらためてリフライズ様の特色ある運営方針について下記させていただきます。 
運営法人医療法人社団 山本記念会
事業所の運営に関する方針ゲスト主体で過剰な介護はせず、できる事を探す介護をしていく。
サービスの特色等施設内通貨を使い、リハビリをすることにより通貨を取得し、ウォーターベットやカラオケなどは通貨を使用して参加する仕組みとなっています。
昼食の配膳下膳もゲスト自身で行うと通貨を得ることができます。
サービス対応地域横浜市港北区の一部・都筑区の一部
事業所の営業時間平日 : 8時30分~17時30分

 この日は寒さも和らぎ穏やかな一日で、開演の時間になるとリハビリ中の方をはじめ、あちこちから約20名の方々が会場に集まってこられました。歌は「くちびるに歌を+2G」編から17曲を歌いました。
 団員もいつもは6名前後で訪問していますが、このところ体調不良が続いておりこの日は4名と少ない人員で臨みました。が 少数精鋭、女性団員の縦横無尽のサービスもあり盛り上がりを見せました。次回のご訪問は4月8日(水)で花見の頃になります。(今年は早や咲きの予想なので見頃は過ぎてる時期かも知れません)
 蛇足ですが 前日の2月11日に筆者が撮影した梅の花を載せました。(曽我梅林の梅です。国府津から曽我丘陵を歩いて行きました)

出前訪問演奏 「リフライズ」2020-2-12  参加者 20名_e0221892_07562457.jpg
出前訪問演奏 「リフライズ」2020-2-12  参加者 20名_e0221892_07570230.jpg
出前訪問演奏 「リフライズ」2020-2-12  参加者 20名_e0221892_07575875.jpg
     曽我梅林にて(2月11日) 
出前訪問演奏 「リフライズ」2020-2-12  参加者 20名_e0221892_10254694.jpg




by kksmusic | 2020-02-13 10:35 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン伊勢佐木 2020-2-6  参加者27名

 2020年2月6日(木)は この冬一番の寒さとなり寒風吹きすさぶ中、27名の方にお越しいただきました。寒い中 そしてコロナウイルスの情報が飛び交う中、 何食わぬ顔でご参加くださりありがとうございました。
 音楽団員も皆様方の熱意に負けないよう気持ちを込めて演奏させていただきました。
歌は「24 25集」編から25曲を歌いました。
「かもめの水兵さん」では かもめ と ウミネコ がそっくりで見分けが難しいので、写真入りでその違いを説明させていただきました。
そして かもめは渡り鳥なので真冬のみ日本に飛来し、それ以外で見かけるのはウミネコが殆どであるため、その時期は「ウミネコの水兵さん」として歌っては・・・などと余計な話をしてしまいました。
「思い出のグリーングラス」では、日本語詞とカーリープットマンジュニアの原詞との大きな違いをお伝えしました。日本語詞での主人公が女性なのに対し、原詞の主人公は男性でしかも夢から覚めた主人公を待っていたのは、自分が処刑の当日を迎えた死刑囚であるという現実でした。
「岬めぐり」では 三浦岬をイメージして作られた男性の悲恋 失恋の歌として紹介しました。三浦海岸駅の2番のりばから出ている34、35系統に乗り、海岸沿いを眺め帰りにまぐろ料理を食べて三浦海岸を堪能してみてはいかがでしょうか。
 余談ですが 我が代表が過日この岬めぐりのバスで一人旅をしてきたそうです。本人は歌の下見に行ってきた、と言っていますが 失恋?を癒しに・・も捨てきれないのではと・・
 最後になりましたが、団員最高齢のフルーティスト金子英治さんが、この1月で88歳の米寿を迎えられ、この日も元気に演奏されてお客様から感嘆の声が挙がりました。 金子さん 100歳までステージでその存在を見せて下さいね。

<カメラの不調で当日のサロンの写真が有りませんのであしからずです。
 尚 岬めぐりの関連写真を載せました。>

歌声サロン伊勢佐木 2020-2-6  参加者27名_e0221892_11311531.jpg
歌声サロン伊勢佐木 2020-2-6  参加者27名_e0221892_11313018.jpg
歌声サロン伊勢佐木 2020-2-6  参加者27名_e0221892_11314478.jpg



by kksmusic | 2020-02-07 11:35 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)