人気ブログランキング |

三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4

 2019年12月3日(火)~4日(水)にかけて、「三浦の海の音楽会・合宿懇親会」を三浦海岸の民宿「根本荘」の音楽ホール<潮音(しおね)>と 母屋で行いました。
今回は団員外の歌好きの方が5名参加されたこともあり、歌やその後の反省会?でもバラエティーに富んだ楽しい懇親の場になりました。
また 根本荘さんの食事が一段と美味しくなり食事談義でも花が咲きました。おかずの皿・お椀を端から順番に食べ片付けていく人(二人)、アジの開きを頭も骨も全部食べる人(3人)、朝からご飯のお代わりをする女性(一人)もいて、合宿懇親会の楽しさ、面白さ、以外さがあり大いに盛り上がりました。
 音楽ホール<潮音(しおね)では、1日目の14時過ぎから 運び込んだエレクトーン、アンプ、スピーカー、マイクなどのセティング、マット敷き、椅子並べなどを行い、14時半頃からあちこちに分かれて歌・演奏の練習に入り、リハーサルを行い夕食後の19時からプログラムに沿って本番の音楽会に入りました。観客は相当数を期待していたのですが、○○名と予想を下回りました。・・・が
 音楽会は無事にプログラム通りに進行し終演となりました。参加の皆様 大変おつかれさまでした。
 全体的写真を何枚かUPします。 個々の写真、動画は別途とします。

三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_15331986.jpg
音楽ホール(潮音 しおね)         ホールとGピアノ
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_20190205.jpg
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_20201256.jpg


三浦海岸の朝日
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_15484637.jpg

早朝散歩する人
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_15493733.jpg
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_16585309.jpg
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_16593034.jpg
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_17002308.jpg
三浦の海の音楽会・合宿懇親 2019-12-3,4_e0221892_17053448.jpg



# by kksmusic | 2019-12-06 17:19 | ④トピックス | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名

 2019年12月5日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、会場のクロス・ストリート前の伊勢佐木通りの落ち葉が舞っている中での開催でした。
 筆者が会場に到着した時、クロス管理のUさんと早めに到着していた音楽団の神津さんが、一生懸命落ち葉をかき集めて清掃してくれていました。しかし 「集めても集めてもまたすぐに枯葉が舞ってくるんですよー」とUさんが嘆いていました。これからの季節 毎日毎日落ち葉集めで大変だとお察しします。
 クロス・ストリートの中はクリスマスツリーも飾られ、天井からはブルーのLEDイルミネーションも多数ぶら下がっており、クリスマスの雰囲気が醸し出されていました。
この日は「2021集」編から 最後にクリスマスソング2曲入れて26曲歌いました。

 尚 次回の12月19日(木)は、休憩後 ハーモニカのイントロクイズ4曲、途中に「あわてんぼうのサンタクロース」「赤鼻のトナカイ」を挟んで「じゃんけん大会」を行います。
いずれも豪華景品が出ますのでご期待下さい。
 そして最後にクリスマスソングを3曲、お正月を歌って締めの予定です。

歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名_e0221892_14064465.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名_e0221892_14073103.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名_e0221892_14080575.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名_e0221892_14084466.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-12-5 参加者 29名_e0221892_14092413.jpg





# by kksmusic | 2019-12-06 14:13 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-21 参加者数24名

 2019年11月21日(木)の歌声サロン・伊勢佐木は、肌寒い一日でお客様の出足も鈍く、いつもより若干少な目の24名(内男性10名)の参加者でした。
年も押し迫っていることもあり、皆さん家の事で忙しいのかも知れません。障子紙の張替えや、夏物整理、冬物との入れ替えなどで奮闘されたのでしょう。
 歌は「第1819集」から28曲を歌いました。最近、アコーディオン抜きのアンサンブルで1曲選んで演奏していますが、この日は「亜麻色の髪の乙女」のピアノとドラムの高揚感が素晴らしく、新しい感覚を呼び起こしてくれた演奏でした。
 調べてみると、最近「OBSESSION」というピアニスト(三舩優子)とドラマー(堀越彰)による演奏に人気が出て各地で活動しているようです。
ピアノにドラムが重なることで起こる化学反応・高揚感が、人々をとりこにしているとのことでした。  因みに「OBSESSION」とは「取り憑かれる」の意のようです。
 尚 音楽団も来年6月9日で10年目を迎えますので、桜を見る会 ならぬ○○を見る会などを企画したいと思っていますが・・・

歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-21 参加者数24名_e0221892_07573862.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-21 参加者数24名_e0221892_07580476.jpg




# by kksmusic | 2019-11-22 08:05 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-7 参加者30名

 2019年11月7日(木)歌声サロン・伊勢佐木は、やや暖かさを感じた歌声日和の一日でした。
前回(10/17)のサロンから歌う前に皆で歌詞を1曲朗読して、詩の意味や秘められた中身などを感じ思いながら歌おうと言う事で、今回は「シャボン玉」を朗読しました。
「しゃぼん玉とんだ 屋根までとんだ 屋根までとんで こわれて消えた」
「しゃぼん玉消えた とばずに消えた 生まれてすぐに こわれて消えた かざかぜ吹くな
しゃぼん玉 とばそ」
 この歌は簡素な短い歌詞ですが、次のように深い悲しみを秘めた歌詞になっているのです。
 作者の野口雨情には子供が数人生まれていますが、長女を7日目に 次女を2歳で亡くしています。特に短い命に終わった長女には思い入れが強く、後に長女をしゃぼん玉に見立ててこの詩を作ったと言われているのです。
 また 「屋根までとんだ」では、子供達がどうして屋根が飛んだの?と疑問をぶつけてくることがままあるようです。
 尚 本日はお客様の西潟純一氏に「糸」と「この街で」をリードボーカルとしてマイクを通して歌っていただきました。特に「この街で」は、都筑ふれあいの丘連合自治会の集まりで、いつもみんなで歌っている歌とのことでした。
 歌は「第1819集」から26曲を歌いました。


歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-7  参加者30名_e0221892_11363592.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-7  参加者30名_e0221892_11371406.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-11-7  参加者30名_e0221892_11355297.jpg


# by kksmusic | 2019-11-08 14:19 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏 旭区「川井地域ケアプラザ」2019-10-30 参加者16名

 2019年10月30日(水)久し振りに旭区の「川井地域ケアプラザ」様に出向いてきました。前回のご訪問が2017年1月なので約3年振りです。
筆者は過去5回ほど車でお邪魔しており、今回初めて電車とバスを乗り継いで玄関にたどり着き、駐車場を見て車での訪問時代を懐かしく思い出しました。
 と言うのも近々免許証を返納するため、今回から電車バスでの川井行になったからです。
当所の催しは「シルバー健康塾」と称して ケアマネージャーによる介護保険の話などを30分交えて、その後に音楽団と一緒に歌いましょう!という企画が続いています。
歌は14時から15時までの1時間で「くちびるに歌を+2G」編から17曲歌いました。
この日は男性は他のイベントがあり女性のみ16名のご参加でした。

出前訪問演奏 旭区「川井地域ケアプラザ」2019-10-30 参加者16名_e0221892_20132312.jpg
出前訪問演奏 旭区「川井地域ケアプラザ」2019-10-30 参加者16名_e0221892_20135153.jpg

川井地域ケアプラザ
出前訪問演奏 旭区「川井地域ケアプラザ」2019-10-30 参加者16名_e0221892_20141988.jpg



# by kksmusic | 2019-10-31 07:05 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2019-10-23 18名

 2019年10月23日(水)南区の「蒔田らくらくサロン」様に出向いてきました。
当所には18日(金)「蒔田百寿会」様のサロンに行ったばかりでしたが、この日は 昨日の
即位の礼の余韻なのか、雲一つない快晴に恵まれ晴ればれとした気分で臨みました。
 また フルーティストのKさんが脳の不調で一時入院されていましたが、退院されてこの日は元気そのもので参加して頂き、団員一同これも晴ればれとした気分で演奏ができました。
 この日会場に着くや百寿会の役員の方が、今日は天気が良いのでお出掛けが多く、参加者が少ないかも と呟いておられましたが、その通りになりいつもより少ない参加者でした。(18名 内男性3名)
 閉演後 役員の方がまたまた呟かれたのは、少ないのは好天のせいばかりでなく、偶数月の第4水曜日の開催で8月だけサロンが無いので、10月になって忘れる人が多いらしいのです、とのことでした。他のイベントでもとにかく皆さん忘れることが多いんですよ、と・・・
年齢の高い人達のイベントだからしょうがないのでしょうね。
 ということで 参加者の皆さんには「今日は少数精鋭で歌ってくださ~い」と檄を飛ばして歌っていただきました。
歌は「きぼうの歌を+5G」編から14曲を歌いました。

出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2019-10-23 18名_e0221892_20270321.jpg
出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2019-10-23 18名_e0221892_20275600.jpg
出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2019-10-23 18名_e0221892_20351391.jpg
出前訪問演奏 南区「蒔田らくらくサロン」様 2019-10-23 18名_e0221892_20354973.jpg





# by kksmusic | 2019-10-23 20:37 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏「蒔田百寿会」様 2019-10-18 参加者25名

 2019年10月18日(金)南区の「蒔田百寿会」<蒔田コミュニティーハウス>様に出向いてきました。
 この日の出前のことを筆者が完全に失念して家におり、開始20分ほど前に団員のKさんから電話を頂き、慌ててプロジェクター、パソコンなどを携えて会場に駆けつけました。何とか開始5分過ぎに到着しセティングしましたが、団員の皆様やお客様に大変ご迷惑をお掛けしました。
 失恋ならともかく失念していたとは我ながら頭を垂れるばかりです。
歌は「いつでも歌を+1G]編から17曲を歌いましたが、会場の椅子の位置をコの字型にしてあり、お客様達がお互いに顔を見て歌声を直に聴きながら歌っておられ、臨場感溢れる歌声になりました。特に女性の綺麗な声が印象的でした。後述する元合唱団の女性の声か?
 閉演後 70歳代と思われる女性が近づいてこられ、私も見習わないとねー(フルーティストが二人共87歳<一人欠>であることを紹介したせいか)皆さん若いわねー歌はいいわよねー今日は楽しかった!と連発され 私 3年位前まで合唱団に47年も在籍していてソロでも歌っていたの、紅葉ヶ丘合唱団よー 当方)知ってますよー合唱コンクールなどで聞いたことがありますよ。今度 伊勢佐木町で歌声サロンをやってますから覗きにきてくださいよー ここで伊藤代表が名刺を渡しました。
 他の女性達も口々に今日は楽しかった!またお願いしますねーと言いながら帰途につかれました。
 今日はあわてたためカメラの持参を忘れました。二瓶さんがスマホで撮った写真を後日UPできればと思います。

尚 この10月23日(水)の蒔田「らくらくサロン」のチラシがありましたのでこれをUPさせていただきました。


出前訪問演奏「蒔田百寿会」様 2019-10-18  参加者25名_e0221892_08003657.jpg
 


# by kksmusic | 2019-10-18 21:16 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

「歌声サロン・伊勢佐木」2019-10-17  参加者数 30名

 2019年10月17日(木)の歌声サロン・伊勢佐木は、前日からの肌寒い日よりの中 30名の歌大好きの皆様方にお越しいただき熱気に包まれました。男性は8名でしたが 曲によって男声が響いてきて おやっと思うような歌声の厚み・広がりを感じました。
 尚 本日のサロンから 詩の中身を感じ取ってから歌おうと言うことで、テスト的に秋を代表する「野菊」を歌う前に1番のみ全員で声を出して朗読しました。
 <遠い山から 吹いて来る 小寒い風に ゆれながら けだかくきよく 匂う花 きれいな野菊 うすむらさきよ>
朗読した後 皆で歌いましたが、心なしか声に清爽感、清涼感を感じたのは私だけだったでしょうか・・・
                <うすむらさの 野菊>
「歌声サロン・伊勢佐木」2019-10-17  参加者数 30名_e0221892_10353018.jpg
野菊の花言葉・・・清爽(さわやか)、可憐
因みに お客様方に 貴方は野菊のようね~ と 言われたことがありますか、と聞いてみたところ皆さん無言でした・・・
 歌は 1617集から26曲を歌いました。


「歌声サロン・伊勢佐木」2019-10-17  参加者数 30名_e0221892_10541973.jpg
「歌声サロン・伊勢佐木」2019-10-17  参加者数 30名_e0221892_10545398.jpg




# by kksmusic | 2019-10-18 11:01 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)

 2019年10月9日(水)出前訪問演奏で港北区の医療社団法人 山本記念会「アクテイブライフ・リフライズ」様に出向いてきました。
ここは通所型の介護サービス施設で、要支援・要介護の認定を受けている方々が送迎バスで通所されているデイサービス専用施設です。
 当所の特色は 9時30分から16時35分までの間の所内での行動・訓練などを、タブレットに入っている豊富なメニューから自身で一日をプランすることです。
歩行訓練、マシン運動、脳トレ・リハビリ(太鼓練習・他)、床清掃、カラオケ、マージャン、書道・手芸教室などがあります。
 即ち 当所が目標としている「自分らしく過ごしたい」「目標を達成したい」「好きな時間に好きなことをしたい」との通所者の気持ちに応える場所・プランの提供をしているところです。
 従って歌声の会が始まる頃は、皆様は各所で思い思いのことをやっておられる最中なので参加者はまばらですが、時間が経つにつれ人が集まりいっぱいになります。
歌は「きぼうの歌を+5G」編から16曲歌いました。
 尚 終演後 リハビリで太鼓を練習している女性(二人)が、次回一緒に演奏に加わりたいとの申し出がありましたので(曲は東京音頭)了解しました。
また同じくリハビリで歌を歌っておられる、歌好きの方もおられるとのことでしたので、一緒に前に出ていただいて歌いましょうと了解しました。(マイクを用意して)
 と言う事で 通所者と音楽団が一体となって演奏し歌うというスタイルができるのでは、と期待しているところです。
 次回は12月11日(水)です。

出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)_e0221892_08374727.jpg
出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)_e0221892_08383457.jpg
出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)_e0221892_08392002.jpg

             リフライズ食堂・イベント会場    
出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)_e0221892_11332056.jpg

                 和室・音楽団練習場所
出前訪問演奏「アクティブライフ・リフライズ」2019-10-9 25名(内男性6名)_e0221892_11335234.jpg



# by kksmusic | 2019-10-10 14:20 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2019-10-3 参加者数 25名

 2019年10月3日(木)歌声サロン・伊勢佐木は、やや蒸し暑く 冷房が入った状態の中 暑さを忘れて大いに歌い盛り上がりました。10月に入ってもまだ30度近い気温 そして高い湿度なので、しばらくは熱中症に十分気をつけなければなりません。
大げさに言えば 温暖化の影響で地球が毎年のように暑くなり、風は強くなり 竜巻は巨大化していき、自然が猛威を奮ってくるかのようです。
 先日 国連で気候変動の危機を訴え、怒りの演説をしたスゥエーデンの16歳の少女の言葉は迫力のあるものでした。「裏切ったら私達は絶対に許さない!」

 歌は秋に因んで「野菊」「里の秋」「紅葉」「花のまわりで」「花はどこへ行った」などを歌いました。そして「紅葉」では輪唱やコーラスでのハーモニーが会場のあちこちから小声で聞こえてきて楽しい歌になりました。
 また 「白いブランコ」では ベーシストの本田さんが演奏しながらベースパートを歌い、メロディーとのコーラスが心地良い響きを醸し出していました。
 「霧の摩周湖」では 晴れた摩周湖を見た人は婚期が遅れるという伝説 の話をしたところ、会場内では該当者はいないようでした。
また 作曲の平尾昌晃氏が霧の摩周湖のレコードジャケットの撮影のため、スタッフと摩周湖へ行きました。雲一つなく晴れていたのでしばらく待っていたが、「いつまで待ってもキ リ(霧)がない」と撮影せずに帰った、との話は爆笑をいただきました。

歌声サロン・伊勢佐木 2019-10-3  参加者数 25名_e0221892_20280556.jpg
歌声サロン・伊勢佐木 2019-10-3  参加者数 25名_e0221892_20284403.jpg
         
                霧の摩周湖

歌声サロン・伊勢佐木 2019-10-3  参加者数 25名_e0221892_07260888.jpg





# by kksmusic | 2019-10-03 20:26 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)