出前「蒔田らくらくサロン」2018-6-27 参加者40名

 2018年6月27日(水)「蒔田らくらくサロン」様(蒔田コミュニティーハウス)に出向いてきました。参加者は40名うち男性は5名でした。
この日は気温32~33°Cの真夏日で超暑く、汗が大量に出て頻繁に給水した一日でした。
 早速 先方様から今日は暑いので中間に給水タイムをとりたいのでよろしく、と言われ、もっともですと応じ、給水時には参加の皆さんに余計なアドバイスまでしてしまいました。
 「皆さん真夏の暑い時期に給水する時、水だけを飲むと却って体内のミネラルバランス(主に塩分)が崩れて、熱中症や体調不良を起こし易いので注意が必要ですよーと、」
「この時期は汗と一緒に塩分も体外に出てしまうので、水やお茶だけではなくて、塩分も一緒に摂るように心掛けしましょう! と」(筆者注:スポーツドリンクは糖分が多過ぎるので半分に薄めて、汗の程度に応じて塩分を少し足してやるなどの調整が必要)
 この日は「おもいでの歌を」編+4Gの中から、45分間で休憩をはさみ13曲を歌いました。次回のご訪問は10月になります。


e0221892_21291826.jpg

[PR]
# by kksmusic | 2018-06-27 21:32 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出 前 蒔田百寿会様 2018-6-22 参加者数32名

 2018年6月22日(金)南区蒔田町の「蒔田百寿会」様(蒔田コミュニティーハウス)に出向いてきました。この日はいつものメンバーの内二人が都合で参加できなかったため、3人の少数精鋭での出前でしたが、ご参加の皆様方に大変喜んでいただきました。
参加者32名 内男性7名でした。
 歌は「くちびるに歌を」編+2Gの中から、初めて2Gの10曲中演歌っぽい?4曲を入れて歌っていただきました。
 余談になりますが、メンバー紹介の時の風景を少し・・・
代表のアコーディオンIさんです、フルート、ピアノもやります。大倉山のドンファンと言われており年齢は82歳です。(うっそー若い!という声・・当方 嘘ではありません・・ と) 次 フルートのKさんです。青江三奈や有名歌手のバックバンドとして活躍し、当時はテナーサックスを吹いていた元プロで86歳の音楽団で最高齢です。(うっそー若い!という声・・当方 嘘ではありません・・と)
 ところで司会のあなたは何歳なの?と聞かれたので、すかさず80歳です!と言い 少し間を置いてから、間違えました80は2年後でした、と煙にまきました。
 参加のお客様とこんなやりとりをしながらの楽しい1時間でした。次回は10月のご訪問になります。
 尚 そんなこんなで写真を撮るのを忘れましたので、参考までに昨年の写真を掲載します。(ごめんなさい!)

e0221892_21403267.jpg

e0221892_15325509.gif


[PR]
# by kksmusic | 2018-06-23 15:33 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

「歌声サロン・伊勢佐木」 2016-6-21 参加者数 37名

 2018年6月21日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、二十四節気の十番目の夏至にあたり、最も昼が長く夜が短い一日でした。この後 小暑 大暑と暑い夏が続きますが、会場のクロスストリートの中は、お客様方の熱気で暑さも吹き飛ばしてくれることと思います。
 この日歌った歌は、季節関連から 池の鯉、蛙の笛、あめふり、雨降りお月、夏は来ぬ、月見草の花、ブルーハワイなどを含めて全28曲を歌い切りました。
 さて、「歌声サロン・伊勢佐木」は、2011年6月9日に第1回を開催してから、お客様方の暖かいご支援・ご声援を戴き、お陰様で丸7年が経過し無事8年目を迎えることができました。厚く御礼申し上げます。また 今後ともよろしくお願い致します。

 尚、クロスストリートも2011年の年初に開場しており、音楽団の歴史も重なりますので、参考までに関連情報を載せます。
「CROSS STREET」の名付け親は、伊勢佐木町の路上ライブからメジャーに羽ばたいたフォークデュオ「ゆず」で、「新しい世代のストリートミュージシャンが、このライブハウスを通じて、様々な文化、音楽そして人と交差(クロス)する場所になってほしい」と言う思いを込めて命名したようです。

e0221892_18393007.jpg
e0221892_18400536.jpg



[PR]
# by kksmusic | 2018-06-22 19:57 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-6-7 参加者40名

 2018年6月7日(木)のサロンは、梅雨明けの好天に恵まれまさに五月晴れの中での歌声サロンになりました。気温も上がり室内の冷房機はフル回転の状態でしたが、みなさんの熱気はおさまるところを知らず、最後まで大きな歌声が響き渡りました。
 この日特筆すべきことは、1木では稀に見る多くの参加者40名になり、また参加40名中20名が男性(50%)です。これは有史以来初めての出来事です。
 休憩タイム時のミニステージでは、「横浜80‘sフルートトリオ」(平均年齢85歳)による「真珠貝の歌」が演奏され大喝采を浴びました。フルート独特の澄んだ音色のハーモニーは素晴らしい演奏でした。筆者の調べたところでは日本一の高齢フルートトリオになります。是非100歳まで続けてください!
 歌は季節の「あめふり」「雨降りお月」「夏は来ぬ」「月見草の花」などを含めて「0910編」から全28曲を歌い切りました。
 
e0221892_20123148.jpg
e0221892_20132087.jpg

「横浜80‘sフルートトリオ」 <伊藤誠二・國久義雄・金子英治>による
            ミニステージ(真珠貝の歌)
e0221892_15570398.jpg

[PR]
# by kksmusic | 2018-06-07 20:59 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-5-17 参加者 43名

 2018年5月17日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、真夏のような暑さをものともせず、43名(内男性13名)の歌大好き人間が集まり大盛況でした。しかも初参加者が5名もおられる中、遠く二宮からも2名の女性にご参加頂きました。(団員 安田さんのご紹介です)お二人は「元気の出る歌の集い 二宮」の会長さんと、NPO法人「音楽レクレーション協会 講師インンストラクター」の各女性さん達でした。二宮には飲み屋が2軒しかなく飲むチャンスが少ないとのことで、閉演後 「わらい」での音楽団との懇談の場にもご参加いただき、お互いに情報交換をしながら大いに わらい 盛り上がりました。
 歌は「第0708集」から季節の歌「背くらべ」「こいのぼり」「茶摘み」「みどりのそよ風」そして後半は時代を遡って若い歌「二人は若い」「女ひとり」「青春時代」などを中心に27曲歌いました。
 尚 先ほどの「わらい」では、入口近くで飲んでおられたクロスの常連のお客様二人に声を掛けられ、ハーモニカ伴奏で歌った「娘よ」の時は、嫁いだ娘を思い出し涙が出てきましたよ・・と 目の周りを赤くしながら話をされていましたので、まだ目が赤いですよ、と言ったら これは酒のせいです・・と。

e0221892_15214666.jpg
e0221892_15221210.jpg

[PR]
# by kksmusic | 2018-05-18 15:30 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

出前訪問演奏「蒔田らくらくサロン」2018-4-25 参加者29名

 2018年4月25日(水)出前訪問演奏で「蒔田らくらくサロン」様<蒔田コミュニティーハウス>に出向いてきました。この日は前日からの雨が昼頃まで降り続いたせいか、参加者がいつもより若干少なめでした。(29名、内男性3名)
 歌は「こころの歌を」編+グループ(G3 10曲)から15曲を歌いました。出前用歌詞集<5編>は17曲編成ですが、演歌的な歌も歌いたいとのお客様からのご要望もあり、演歌的曲をプラス10曲用意して出前に臨んでいます。今回初めて+10曲の中から演歌的曲を4曲<赤いランプの終列車、踊子、悲しき口笛、夜霧の第2国道>歌っていただきましたが、皆さん我が意を得たりと歌って居られたのが印象的でした。
 尚 歌った曲中に三橋美智也の「古城」があり、石川県の七尾城祉をイメージした歌のようですが、当地蒔田にも15世紀頃の古城「蒔田城址」があり、吉良家の菩提寺「勝国寺」も近くにありますので参考までに写真を添付します。

e0221892_15555019.jpg

蒔田城復元図
e0221892_17144409.jpg

吉良家菩提寺 勝国寺
e0221892_16510426.jpg




[PR]
# by kksmusic | 2018-04-25 17:16 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-4-19 参加者数28名

 2018年4月19日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、暖かい陽射しで陽春の候そのものでした。暖かさと好天に恵まれた一日でしたが、サロンに足を運んでいただいたお客様は第3木曜日では、昨年10月19日(木)の19名に次いで史上?2番目に少ない参加者(28名)でした。女性にとっては丁度良いお出掛け日和だったのでしょうね。そう言えば埼玉の芝桜や茨城のネモフィラなどは今が見頃のようでした。サロンも綺麗な花達の魅力には勝てなかった?
 負け惜しみかも知れませんが、それらの花達を本ブログ上で紹介して皆様方と一緒に愛でたいと思います。
 歌は0506編から27曲を歌いました。
尚、お知らせですが、5月3日(木)と8月16日(木)は会場のクロスストリートが使用できないため、歌声サロンは中止となりますのでご承知おき下さい。

e0221892_10511744.jpg

e0221892_11001791.jpg

国営ひたち海浜公園のネモフィラ (茨城)
e0221892_11022978.jpg

羊山公園の芝桜 (埼玉)
e0221892_11043909.jpg
笠間つつじ(茨城)
e0221892_11060998.jpg




[PR]
# by kksmusic | 2018-04-20 11:13 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-4-5 参加者30名

 2018年4月5日(木)の「歌声サロン・伊勢佐木」は、近くを流れる大岡川の桜も大分散ってしまった中での開催になりました。(4月2日の近くの大岡川の散り始めの桜とクルーズ船の写真を添付します)
 この日は、音楽団の若手で人気の受付嬢が二人共急用で参加できなかったため、事務作業を簡素化するために会費を一律500円にし、カードへの参加押印も次回に廻しチラシの取扱いもセルフサービスでお願いしました。
 お陰様で大きな混乱もなく開演にこぎつけることが出来ました。ご参加の皆様ご協力ありがとうございました。
休憩時間のミニステージでは、ピアノと歌の今泉京子さんと、ギター伴奏の本田義之さんで赤いスイートピー(松田聖子)と卒業写真(荒井由実)を歌い大喝采を受け、アンコールの声も挙がりましたが、時間の都合もあり司会がそれを制して終わりにしました。
 歌は「0506編」から27曲を歌いました。この中で「お山の杉の子」の紹介の時に作詞者を田テフ子さんと紹介しましたが、お客様からテフ子ではなく「ちょうこ」と読むのではとご指摘を受けました。会場のあちこちから「ちょうこ」という声も挙がり、そういえば「ちょうちょう」(蝶々)の原詩には「テフテフ」と出ていたこともあり、「ちょうこ」で納得しました。クロスに来られるお客様は、歌に関して造詣の深い人達が多いことが分かり感心しきりでした。 素晴らしいお客様達に囲まれて嬉しいかぎりです。

e0221892_11374460.jpg
e0221892_11381298.jpg
e0221892_11395903.jpg



[PR]
# by kksmusic | 2018-04-06 20:22 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-3-15 参加者数 43名

 2018年3月15日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は春到来の暖かさで、ほぼ満員の室内は久し振りの暖房いらずでした。
開演前のひと時、毎年話題になる会場前の白い花で盛り上がり?ました。コブシと白モクレンの違いについてですが、この日は皆さんあっさりと「あれはコブシよー」と言う声が多くあまり論争になりませんでした。正解です!
 歌は「0304」編から28曲を歌いました。
中で ドボルザークの「遠き山に日は落ちて」の紹介の時、1木と同じように団員の國久よしおさんが著した本「癒しのドボルザーク」の紹介が成されましたが、会場から驚きと歓声があがりました。
 驚きだけでなくこの本が何冊か売れてくれると嬉しいのですが・・・

e0221892_20280841.jpg

e0221892_20284280.jpg


e0221892_07250023.jpg




[PR]
# by kksmusic | 2018-03-16 20:30 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)

歌声サロン・伊勢佐木 2018-3-1 参加者数 21名

 2018年3月1日(木)「歌声サロン・伊勢佐木」は、前日からの悪天候予報もあり、ご来場者はいつもより少なく21名でした。内男性は9名。
 悪天候は朝方までで、日中は晴れて20度まで上がり春到来の暖かさでした。
歌は春に因んで「うれしいひなまつり」「どこかで春が」「早春賦」「春の唄」などを歌いましたが、野口雨情 作詞 田端典子が歌った「春の唄」も動画で流したところ小声で歌う人もいました。
 この日のステージは、団員が他のコンサートに出向いたりで少ないメンバーでしたが、少数精鋭で好期好齢者を主体に演奏しました。80歳以上がメインでしたがいつにも増して好評のようでした。 また所用のためしばらく休んでいたピアノ担当の西村さんが、久し振りに鍵盤を叩いてステージを盛り上げてくれました。
 そして恒例のミニステージは、メンバーが少なかったこともあり団員以外でのステージにしました。 即ち キャンディーズの「春一番」を動画でスクリーンに写し、一緒に口ずさみながら春到来を楽しんでいただきました。
 歌は「第0304編」から26曲を歌いました。

e0221892_10580673.jpg

e0221892_10584777.jpg



[PR]
# by kksmusic | 2018-03-02 11:01 | ③音楽団活動報告 | Trackback | Comments(0)